自転車便/メッセンジャーのメッセム

送り主と届け先の部署の管理方法について

お知らせ

部署の管理方法・その他について  2014.06.21

1.送り主の所属する部署が複数設定可能になりました

今までは図1のように、一つの「会社名」と「部署名」の中に複数の担当者が所属する形でしたが、今回のアップデートでは図2のように、一つの「会社」の中に複数の「親部署」と「子部署」を配置し、その中に担当者を配属できるようになりました。より組織の実態に即した形で登録できますので、他部署の代理で注文する時などに便利になりました。下の図3が実際の設定画面例です。

2.部署ごとに「経理コード」と「アクセスメモ」が編集可能になりました

図2のような「経理コード」が部署ごとでなく、プロジェクトごとに異なる場合は、ご注文毎に編集も可能です。伝票の控えに印刷され、月極払いの場合は請求書にも印刷される項目です。請求書の発行単位は「会社で一括」、「部署ごと」、「経理コードごと」がポピュラーです。

図2の「アクセスメモ」は、部署ごとに設定される項目で、メッセンジャーが荷物をお預かりに伺う際の注意書き(例:3階A扉、内線0012 など)です。ログインしたお客様が所属する部署のアクセスメモが、オーダー時のメモ欄に表示されますので必要に応じて編集できます。伝票には印刷されません。

3.アドレス帳に登録されるお届け先の部署も項目が二つになりました

お届け先の情報についても、部署の項目を一つ増やしました。お届け先の会社の部署名が長い場合などは、「部署1」、「部署2」と二つに分けて管理することにより、伝票に印字する際に宛名がきれいに印刷できます。

4.ご不便がなければ何も設定を変える必要はございません

今回のアップデートはWEBオーダーシステム上では比較的大がかりなものですが、特に今まで不便なくご利用いただいているお客様は、何も設定項目を変更することなく、今までどおり、ご利用いただけます。